Top > レーシックでの視力回復手術の安全性

レーシックでの視力回復手術の安全性

視力回復手術に限らず、どんな手術でも100%安全という事はなく、どれだけ安全性が高いかが重要になってきます。レーシックによる視力回復手術は安全性が高いと言われていますが、厚生労働省が認可したと言うことは危険性が低いと確認されたという事を意味します。

レーシックでの視力回復手術を考えている人が思うことは、失明したらどうしようという事です。しかし、レーシックは角膜の表面を手術する方法のため、失明すると言った心配はありません。眼の手術と言うと、直接眼にメスを入れると言った方法を思い浮かべると思いますが、レーシックでの視力回復手術はエキシマレーザーと呼ばれる機器によって行われます。コンピューター制御された機器により、視力回復手術が行われるため、正確で安全性が高い手術となっています。

アメリカでは既に200万件以上のレーシックが行われてきましたが、失明の報告や大きなトラブルもなく、危険性の低い視力回復手術として定着しています。使用されるエキシマレーザーの悪影響も無く、経験豊富な医師の元で行えばとても安全性が高い視力回復手術となっているのです。

視力回復手術を受け、20年後は大丈夫なのかという不安もあるでしょうが、問題が起こる可能性はとても低いとされています。レーシックによる視力回復手術は、これから先も技術が進歩し、より安全性が高くなっていくでしょう。

 

 北欧インテリア  ODL Japan  インヴァスト証券
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
レーシックでの視力回復を勧める理由(2009年10月11日)
レーシックでの視力回復のメリット(2009年10月11日)
レーシックでの視力回復のデメリット(2009年10月11日)
レーシックによる視力回復手術が受けられない人(2009年10月11日)
レーシックでの視力回復手術の安全性(2009年10月11日)