Top > レーシックでの視力回復のデメリット

レーシックでの視力回復のデメリット

視力回復の方法として定着しているレーシックですが、デメリットがあると言うことを理解しておく事も大切です。レーシックでの視力回復手術を受けるに当たってのデメリットには、健康保険適応外の為、手術費用が高額と言うことがあげられます。視力回復の適応検査でレーシックが受けられない場合もあり、誰もが受けられるわけではありません。

レーシックは視力回復手術なので100%安全とは言えず、上手くいかない場合もあることを知っておく必要があります。誰もが視力回復の効果を得る訳ではなく、手術をしても想像していたより視力が上がらない場合もあるのです。再手術も可能ですが、その場合のリスクもきちんと認識しておきましょう。

また視力回復手術後に感染症になる可能性もあり、ドライアイや光が眩しく感じられる後遺症に悩まされる場合も考えられます。視力回復手術によって失明したという報告はないものの、通院が必要な感染症が発症したり、近視が残ってしまう場合などがあります。

アメリカでは長年の実績があり、安全性が高いと評判の視力回復手術ですが、日本ではまだ歴史が浅いため、安全性が立証されていない治療方法となります。レーシックでのデメリットを良く理解し、納得した上で視力回復手術を受けることが大切です。

 

 バラのガーデニング  ガーデニングのバラ  ハーブを使う
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
レーシックでの視力回復を勧める理由(2009年10月11日)
レーシックでの視力回復のメリット(2009年10月11日)
レーシックでの視力回復のデメリット(2009年10月11日)
レーシックによる視力回復手術が受けられない人(2009年10月11日)
レーシックでの視力回復手術の安全性(2009年10月11日)