Top > レーシックによる視力回復手術が受けられない人

レーシックによる視力回復手術が受けられない人

日本人は視力の悪い人が多く、メガネやコンタクトレンズで視力矯正を行っている人が大半を占めています。ゲーム機の普及やテレビ、インターネットなど視力が悪くなる要因が続々と登場し、近視の人が大変増えてきているのです。

視力の悪い全ての人が、レーシックでの視力回復手術を受けられるのではなく、中には不適応者と診断され、手術が行えない人もいます。レーシックでの視力回復手術が受けられない人は、眼に何らかの疾患がある人などです。緑内障や白内障、ぶどう膜角膜や円錐角膜などがある人は、視力回復手術を受けられない場合があります。レーシックでの視力回復手術の特徴でもある、フラップを作成出来ない角膜が極端に薄い人も、不適応者となるようです。眼の疾患以外でも、糖尿病や膠原病などの人、妊娠中や授乳中の人なども、視力回復手術が受けられません。その他でレーシックによる視力回復手術が受けられない人とは、眼球の成長過程である17歳以下の人、乱視や近視が極度に強い人などがあげられます。

レーシックでの視力回復手術が受けられない項目に自分が該当していたとしても、自己判断で諦めず、適応検査を受けてみることをお勧めします。レーシック以外に受けることの出来る視力回復方法もありますので、諦めないことが大切です。

 

 CMS  ガーデニング教室  寄せ植えで楽しむガーデニング
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
レーシックでの視力回復を勧める理由(2009年10月11日)
レーシックでの視力回復のメリット(2009年10月11日)
レーシックでの視力回復のデメリット(2009年10月11日)
レーシックによる視力回復手術が受けられない人(2009年10月11日)
レーシックでの視力回復手術の安全性(2009年10月11日)